banner

運営補助者

社団法人設立後の運営補助者を依頼すること

社団法人は、公的な法人としての色合いが強くなり、役所の関わりも強くなります。それだけに規模が大きくなるものですから、社団法人運営に関するアドバイスを受けたいと思うことは自然なことです。

また、設立以後の運営に当たる面においても、運営補助をしてもらえる人材あるいは組織などがあれば、その分だけ円滑な事業運営が可能になることは明白です。可能であれば士業の専門家に、もし心当たりがなければ経営コンサルタントに依頼をしてなってもらうのも一つの方法となります。

社団法人設立面では、士業の色々なところに依頼をすることになりますが、いったん社団法人が設立されたら、関わらないところも出てくることでしょう。そのためもし依頼をする場合は、あらかじめ今後の運営補助においても関わってもらえそうかどうか、さらに設立後においても助言等を求められないかどうか、聞いてみるのも有効です。つまり、顧問となってもらえないかどうか依頼をしてみるという話をしてみることも有効となるでしょう。

社団法人設立では、司法書士、社会保険労務士、税理士、行政書士などに色々と関わってもらって申請代行をしたケースも多いでしょう。ただ、いったん法人認可がなされれば、その後の運営自体は自ら行うのが自然です。それでも誰かからアドバイスを受けたいと思うときに、こうした士業の専門家から助言をもらえれば、それだけ安心して事業運営も可能にはなってきます。士業側が引き受ければという前提はありますが、それでも設立時にやり取りがあってうまいこと人間関係や組織運営がなされていれば、依頼してみる価値は大いにあると言えます。

運営補助それ自体は、士業側でも特に税理士などが該当してきます。法人経営において帳簿がしっかりと正しく作成がなされているかどうか、また、納税などは適切に行われているかどうかなどを中心に、しっかりとした対応をしてもらえるものです。

税理士は依頼者つまりクライアント側の立場に立っての対応をしてくれますから、税務調査などに入られたとしても税理士が責任を持って対応を行うことにつながります。それだけ依頼者側は安心できることにつながるでしょう。

社団法人はその規模が一般的に大きくなり、細かな点まで目が行き届きにくいところも弊害としてあるとされています。そのため、できる限り士業の専門家などに依頼して、正しい事業運営が出来ているかどうかを適宜確認することが求められるものです。

Copyright © 2019 社団法人の設立の際に必要な書類All Rights Reserved.