banner

手間なし

手間なしで社団法人を設立するサポートを受けられる

個人事業の場合、税務署に開業届を提出すればその日から個人事業として事業を開始することが可能であり、事業は個人で行うことも可能です。しかし新規の法人設立数は増加の一途をたどっています。多くの方が個人事業でなく、法人化を選ぶ理由はどこにあるのでしょうか。

一般社団法人とは営利を目的としない非営利法人で、人が集ることによって法人格が与えられますので設立のためには2人以上の人員が必要です。非営利と言っても必ずしも公益を目的とする事業内容でなくても違法ではなく、自由に事業を行うことができます。株式会社の様に利益の配当をしないことを非営利といいます。

まず、社団法人設立のメリットですが、個人と法人では社会的な信用力の違いがあります。法人でないと団体名義で不動産を取得したり、契約をすることは困難ですし、任意団体では銀行に口座を作れないケースもあります。取引条件として法人であることが必要なケースや、行政の許認可のための前提条件として法人であることが必要になるケースもあるでしょう。

その他税制面でも優遇されることが多く、事業の拡大には社団法人の設立は必須になってきます。

しかし一般社団法人を作るとなると、法的な手続きが必要になります。手間がかかるだけでなく、法律的な知識と経験が必要となる為に一般的には簡単とは言えません。

法人化したいけれども内容や申請手続きがよく分からない、知識がなくて申請書類を作成できる自信がない、忙しくて登記申請のための準備ができない、というのが正直なところではないでしょうか。

そんな時には法律の専門家である弁護士事務所など、立ち上げ時のサポートサービスを請け負ってくれる会社を利用することが安全で確実です。

例えば設立に必要な定款など申請書類の作成や登記簿の取得は、専門家に代行依頼をするのがお勧めです。申し込みから最短で2日程度、手間なしで社団法人を設立することが出来て、非常に便利。且つ手続きのトラブルやストレスからも解放されます。

最近はネットで行政書士が広告を出しているサイトも多くあり、事務所の実績や利用者の感想を聞くことも出来ますから、信頼できる専門家を選ぶ際にも便利です。手続きを一括でお願いできれば何度も窓口に行く手間なしで法人設立ができます。法人を設立すれば税務関係は会計士にお願いするのと同様に、設立にかかる諸手続きも専門の行政書士にお願いすることが近道です。上手く活用して社団法人の設立に活かしましょう。

Copyright © 2019 社団法人の設立の際に必要な書類All Rights Reserved.