banner

目的意識鵺責任

目的意識鵺責任をしっかり持って社団法人を設立する

一般社団法人という法人が平成20年の12月1日から設立できるようになりましたが、社団法人というと福祉や医療など何かの支援事業のようなイメージがありますが、物品を販売する一般の会社のような事業も社団法人にすることができます。社団法人の設立に関しては株式会社の設立と同じような流れで行い、定款を作成し公証人役場で認証を得た後、その定款と必要書類を用意して法務局で登記を受けることで法人として登記をすることができますが社団法人の方が用意する必要書類や設立にかかる費用は少なくて済みます。そして社団法人を設立するときの条件としては、責任者である理事が1名以上と社員が2名いることです。

さて株式会社が利益を上げることを目的とする一方、社団法人は「営利を目的としない団体」とされています。営利を目的としないということは物品を販売して代金を受け取ったり報酬を受け取ることはいけないのかと誤解されがちですが、収入も報酬もない状態で仕事をするということは大変なことです。収入がないと事業や活動を継続することができず、報酬もない従業員はやる気が失せてやめていくことでしょう。だから「営利を目的としない」といえども収入を得ることと報酬を出すことは当然のごとく可能になります。では「営利を目的としない」とはどういう意味なのでしょうか。

それは収入から人件費や必要経費を差し引いた利益を出資者に分配しないということです。株式会社は株主に利益の分配をして配当金を出しますが、社団法人は出資者に対して利益の分配は行いません。利益は今後の活動に活かされるということです。社団法人の事業のために出資した出資者が利益を目的としないということです。だから株式会社の株主が利益を求めて出資することに対し、社団法人の出資者は利益ではなく事業の対象のことを考えて出資をしています。寄付も同じです。

株式会社よりも設立がしやすい法人ですが、、一般の会社のようにお金を設けるとことが目的で働くというよりも、事業の対象となる人や物がよりよくなるように活動、支援をするということに重点を置く団体なのです。また公益的な法人は寄付金を募ることもできますが、利益を顧みず事業の対象になる人や物がよりよくなるように出資や寄付をしてくれる人たちに責任が果たせるような事業を展開していくことが大切になってきます。つまり簡単に設立できる法人ですが、事業目的をしっかり持って出資者の期待に沿えるように責任を持って事業を展開することが大切なのです。

Copyright © 2019 社団法人の設立の際に必要な書類All Rights Reserved.